杉村太蔵が政治家を辞めた理由がヤバすぎるwウクライナ問題で炎上か

 

 

元々は派遣社員でビルの清掃の仕事をしていた杉村太蔵さん。

お世辞にもエリートコースの道を歩んでいなかった杉村太蔵さんですが、一生懸命にトイレの清掃の仕事をしていたところ、偶然清掃の依頼先の証券会社の偉い人がトイレで頑張って掃除をする杉村太蔵さんを見て大いに気に入ります。

 

「お前よく働くな!ウチに来い!」

 

ただの派遣社員から大手の証券マンに。織田信長の草履を懐で温めて気に入られた豊臣秀吉並みの成り上がりエピソードですね(笑)

 

スポンサーリンク

杉村太蔵のプロフィール

 

 

杉村 太蔵
生年月日 1979年8月13日(42歳)
出生地 北海道旭川市
出身校 筑波大学体育専門学群中退
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科単位取得満期退学
前職 国会議員
現職 実業家
コメンテーター
政治評論家
所属政党 (自由民主党→)
(たちあがれ日本→)
無所属
配偶者 あり

 

高収入証券マンになって順風満帆な毎日。そんな杉村太蔵さんですが、偶然自民党のホームページを見かけます。

 

当時の首相は小泉純一郎さんで、郵政民営化が決まったあたりでした。そして自民党の公募に応募した杉村太蔵さん。たまたま見つけたと言っても普通応募しないですよね。

やっぱり潜在的に政治家になりたいという気持ちはあったのでしょうね。

 

証券会社の仕事を休職して衆議院選挙で立候補したのでした。

 

杉村太蔵がまさかの議員当選。そして、、、

 

突然現れた若手議員。マスコミが放っておくわけがありませんでした。

マスコミは杉村太蔵さんがニートだと勘違いして、杉村太蔵さんの家に押しかけました。

 

すると、家は家賃15万円でコンクリート打ちっぱなしのお洒落なマンション。

マスコミはここで初めて杉村太蔵さんがエリートサラリーマンな事を知ります。

 

その時のインタビューで「早く料亭に行きたい」「BMWに乗りたい」と発言してしまい、世間に猛バッシングされました。

 

杉村太蔵が政治家を辞めた理由

 

議員になって2週間で世間から批判される政治家になってしまった杉村太蔵さん。

その2か月後の自民党立党50周年記念大会で「50年政治家をやり続ける!」と発言していた杉村太蔵さんですが、最初の任期は全うしますが、次の2010年の衆議院選挙で落選します。

 

杉村太蔵は議員を辞めたのではなく、当選できなかっただけ

 

杉村太蔵さんはその後タレントとして活躍し、お茶の間の人気者としての地位を築きます。

株で1億円の資産を築いて「主婦でも株で稼ぐ方法!」なんてのをお昼のワイドショーで披露していた記憶があります(ちなみに普段使っている商品が良い物で、周りの人も良いと思っていたらその商品を作っている会社の株を買う。といった方法でした。)

 

そんな杉村太蔵さんですが、自分から政治家を辞めたのではなく、ただ当選できなかったのが理由でした。

 

杉村太蔵の議員時代について、ネットの声

 

 

 

 

 

 

あなたはどう思いますか?

関連記事

コメント

error: Content is protected !!