板東英二の嫁(妻)の実家は成城の金持ちで安川財閥のひ孫!【画像アリ】

こんにちは。

今日は元・プロ野球でゆで卵ソムリエの板東英二さんについて紹介します。何でも、板東英二さんの嫁が話題になっているとの噂を耳にしたので、紹介します。

早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

板東英二のプロフィール

 

板東英二の嫁

 

板東 英二(ばんどう えいじ)
本名 板東 英二
生年月日 1940年4月5日
出生地 満州国東安省虎林県(のちの中国黒竜江省虎林市)
国籍 日本
身長 168cm
職業 プロ野球選手(1959年 – 1969年)・野球解説者・タレント・司会者・俳優・Youtuber
活動期間 1959年 –
配偶者 既婚
事務所 吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー。

 

板東英二の嫁(妻)はどんな人?

 

板東英二の嫁(妻)

 

板東英二さんの嫁は一般人の「洋子さん」です。つまり、板東洋子さんですね。

 

洋子さんは一般人という事もあって、生年月日などは明らかにはなっていませんが、洋子さんの実のお兄さんがカントリー歌手の黒田 美治(くろだ びじ)さんです。黒田 美治(くろだ びじ)さんの本名は黒田 美治(くろだ よしはる)です。

 

黒田 美治さんは、

旧福岡藩主黒田家一族(三奈木黒田家)の黒田男爵家の次男として、イギリスのロンドンにて出生。妹が後に板東英二と結婚したことから、板東の義兄にも当たる。

とあるように、男爵の子供である事で知られています。つまり、妹の洋子さんも藩主の娘でイギリスのロンドン生まれという事になりますね。

 

当時の日本の状況から考えると、イギリスのロンドンなんて誰でも行ける場所ではありませんよね。そういった所から察するに板東洋子さんは相当なお嬢様な事が伺えます。

 

板東英二の嫁(妻)の実家は大豪邸!

 

板東英二の嫁(妻)

 

板東英二さんの妻・洋子さんが相当なお嬢様である事は分かりました。では、板東英二さんの妻・洋子さんの実家はどれくらいの広さなのでしょうか?

 

調べてみると、板東英二さんの妻・洋子さんの実家の広さはなんと1000坪もある大豪邸なんだとか!1000坪って凄いですよね…!

 

1000坪がピンとこない人の為に。1000坪はテニスコートが5個分で、畳で表現すると2000畳分です。あり得ない位広いですよね。

 

でも、そんなに広くても、どこに実家があるのかが問題です。北海道の僻地とかだったら大した事ないですもんね。

 

板東英二の嫁(妻)の実家は成城にある

 

板東英二の嫁(妻)の実家は成城

 

板東英二さんの妻・洋子さんの実家はなんと、世田谷区の成城にあるんです。成城って、あの高級住宅地の成城ですよ。

 

成城に一軒家を持っているだけでもかなりのお金持ちなのに、1000坪の豪邸って…!どれくらいの価値があるんでしょうか?

 

現在の成城の土地の坪単価は約200万円なので

200万円×1000坪で20億円もの価値があるという事になります!これがバブルの時期だったらもっと凄いんですから驚きです。

 

相続税が凄そう…(笑)

 

 

板東英二の嫁(妻)は安川財閥の家系で大金持ち!

 

板東英二の嫁(妻)

スポンサーリンク

 

なんで板東英二さんの妻・洋子さんの実家はこんなに金持ちなのか…?それは板東英二さんの妻・洋子さんが安川財閥の創始者安川敬一郎の曾孫だからなんです。

 

この安川財閥の創始者安川敬一郎さんという人物。超が付くほど大物なんです。成城に1000坪もの土地を持つ程の金持ちなのも納得です。

 

板東英二の嫁(妻)の画像・写真はあるの?

 

板東英二の嫁(妻)

 

板東英二さんの妻・洋子さんの画像は残念ながらありません。いくら有名なお金持ちだとはいえ、板東英二さんの妻・洋子さんは一般人ですから、写真は出回っていませんね…。

 

板東英二の嫁(妻)が死去

 

板東英二の嫁(妻)

 

実は2018年の夏、板東英二さんの嫁である板東洋子さんは死去しています。原因は病気でした。何の病気かは明かされていませんが、妻・洋子さんはまだ70代という、あまりにも早すぎる死でした。

 

実は夫である板東英二さんにも命の危機はありました。

芸能活動を再開したタレント・板東英二(74)が13日、関西テレビの「お笑いワイドショー マルコポロリ」(日曜、後0・59)に出演。個人事務所の約7500万円の申告漏れ騒動による謹慎生活を送っていた昨年に、投身自殺を考えたことを告白した。

 

騒動後、全9本のレギュラー番組が降板、打ち切りとなり、大阪市内の自宅マンションで約2カ月間、閉じこもり生活を続けていたことを明かした板東。テレビの人気者としての華やかな生活から暗転したことで、気弱になったり、自分を正当化しようとしたりと、さまざまな思いが交錯し、思考能力がだんだん低下していったという。「正直、もういいや、と思いました。ここでちゃんと色んなことを書き残して、命絶ってもいいやと思いました」と、マンション屋上に2度ほど足が向いたという。

 

ただ板東は「ところがね、高さってのはね、そう簡単に死ねるもんじゃないですよ」。自身が立った屋上の高さが低かったようで「たぶんね12階以上やないとダメでしょうね。5、6階では(地上に)植木とかあって、走りながら飛ばないと…」と涙目で、死にきれなかったことを振り返った。

 

板東英二の嫁(妻)

 

 

投身以外にも「薬なんかも集めてた」と明かした板東。しかし最後は「まだ、このままだったら、そのまま(疑惑)の板東かって思われるのが嫌で」との思いが勝り、復帰を目指すことを決意したという。

 

また板東は、もともと騒動に関係なく以前から「僕は75歳で死んだろと思ってた。そんな人間うまくいくことはないと思ってましたんで」と告白。75歳での芸能界引退を視野に、ころあいのいい滝壺も下見していたことを明かした。

 

再び活動を再開した板東は「これ(汚名)が払拭できたら、また…。まあ、たぶんお迎えが来ると思いますけどね」と語っていた。

 

自ら命を絶とうとしていた板東英二さん。しかし、そんな時も妻・洋子さんが支えてくれたのでしょう。その洋子さんが先に逝ってしまうなんて、皮肉なものですね。

 

これからは妻の洋子さんの分まで生きなきゃ駄目ですよ。板東英二さん。

 

関連記事

コメント

  1. […] 板東英二の嫁(妻)の実家は成城の金持ちで安川財閥のひ孫!【画像アリ】 […]

error: Content is protected !!