茂木健一郎は発達障害だった…!?特別学級にいた過去も【衝撃】

こんにちは。

今日は天才脳科学者の茂木健一郎について紹介していきます。何でも、茂木健一郎さんが発達障害だったとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

茂木健一郎のプロフィール

 

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)
生年月日 1962年10月20日(56歳)
出身 東京都中野区
出身校 東京大学理学部
東京大学法学部
東京大学大学院理学系研究科博士課程(理学博士)
職業 脳科学者
身長 171 cm
血液型 O型
肩書き ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員

 

茂木健一郎は発達障害だった…!?

 

 

東大卒で現在は天才脳科学者として活躍し、メディアへの出演や本の執筆活動など多忙を極める茂木健一郎さん。一時期ブームになった「アハ体験」も茂木さんが流行らせたもの。そんな優秀な彼ですが、実は発達障害の気がある本人も認めるほどなんです。

 

実際に茂木健一郎さんは小学生の頃、特殊学級に編入するかどうかの瀬戸際だったそうです。現在の彼の功績からは想像もつかないですが、茂木さんは小学校一年生の頃から椅子に座ってじっとする事ができず、先生から「退屈しちゃったかな?」と聞かれて恥ずかしい想いをした事があるそうです。

 

茂木健一郎さんはよく宿題を忘れて後ろに座らされていたそうですが、その時も練り消しで他の子と遊び始めて先生に怒られていたそうです。そして、今でも茂木健一郎さんは講演会や会議でじっとしている事が出来ず、「子どもの頃、発達障害と診断されませんでしたか?」と聞かれてしまう始末。

 

茂木健一郎は発達障害だった…。だけど勉強はできた!

 

 

小学生の頃はよく怒られていた茂木健一郎さんですが、勉強はとてもできたそうです。先生の話は聞いて無かったけど、成績は優秀だったのだとか。

スポンサーリンク

 

だから、周りも「変わり者だけどできるヤツ」として認識していたようです。実際に茂木さんが卒業した東京大学でも変わり者で偏った人は多いそうです。

 

茂木健一郎さんは未だに興味の無い事はほとんど聞いていなくて、人から「だから、それは前に言ったでしょう」と言われてしまう事もしばしば。興味ない事はとことん興味がないそうです。

 

茂木健一郎のように発達障害でも優秀な人はたくさんいる

 

 

茂木健一郎さんのように、発達障害でも優秀な人はたくさんいます。天才プログラマや学者など、偉業を成し遂げる人には偏った人が多いですよね。

 

スティーブジョブズも生前はかなり変わった人でしたし、アーティストやミュージシャンでも発達障害の気がある人はいます。エレファントカシマシの宮本浩次さんなんかもそうですね。

 

 

これは私個人の意見ですが、発達障害は「障害」ではなく「才能」だと思います。発達障害の疑いがある人は興味のある分野になると、とんでも無い才能を発揮します。

 

その分、興味の無い事はとことん興味が無いですが(笑)必ずしもその興味の無い事をする必要は無いのです。

 

今は多様性の時代ですから、むしろ興味のある事で突き抜けてしまった方が成功すると思います。無理に学校教育や社会に馴染ませる必要はありません。

 

もし、これを読んでいるのが発達障害の疑いのあるお子さんの親御さんなら、是非あなたのお子さんの長所を伸ばしてあげて、興味のある事はとことんやらせてあげて、褒めてあげて下さい。

 

発達障害である事を悲観する必要はありません。もしかしたらあなたのお子さんは、将来の偉人かもしれませんよ。

 

関連記事

コメント

  1. […] 茂木健一郎は発達障害だった…!?特別学級にいた過去も【衝撃】 […]

error: Content is protected !!