夜回り先生・水谷修は今現在癌だった!?経歴は嘘で創価学会員…?

こんにちは。

今日は夜回り先生・世直し先生こと水谷修さんについて紹介します。何でも、水谷修さんの“ある事”が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

夜回り先生・水口修のプロフィール

 

夜回り先生・水口修

 

水谷 修(みずたに おさむ)
生年月日 1956年5月8日
出身 神奈川県横浜市
学歴 神奈川県立横浜翠嵐高等学校、上智大学文学部哲学科卒業

高校教諭時代に夜の繁華街をパトロールする活動を始め、繁華街をさまよう少年少女たちと向き合い「夜回り先生」と呼ばれる。

 

夜回り先生・水口修の今現在

 

夜回り先生・水口修の現在

 

夜回り先生・水口修さんの現在は、講演会の講師として全国の学校を周る日々です。日々忙しく仕事をしている様子で、その事を日記に記しています。

 

福岡県の西日本工業大学、高知県の葉山中学校で講演をしてきました。西日本工業大学は、工業系の大学です。

 

さすがに理系の大学生。教員を目指す学生を中心に、たくさんの学生たちが熱心に私の講演を聴いてくれました。

葉山中学校は、高知県須崎市から山沿いに入ったところにある中学校です。豊かな自然、美しい川、とても素晴らしい環境にあります。とても小さな学校ですが、優しい先生たちと地域の人たちに守られて、のびのびと学んでいます。私の講演に、聞き入ってくれました。感謝です。

 

ジャーナリストの安田さんが、解放されたことについて、さまざまな意見が飛び交っています。でも、大切なのは、一つの命が、奪われることなく助かったと言うことです。

親子の関係を考えてみてください。子どもが誘拐されたら、親はどんな手段を使っても我が子を助けようとするはずです。

 

国にとって、国民は大切な子どもです。その子どもをどんな手段を使っても助けることは、当たり前のことでしょう。

 

それを、批判する人たちのこころの狭さに哀しみを感じます。犯罪は、償わせることができますし、お金は、取り戻すことも、また稼ぎ出すこともできます。

 

しかし、いのちは、いったん失われたら、二度と取り戻すことはできません。もう、つまらない議論は止めるべきでしょう。

 

そうですね。夜回り先生として活動していて、色んな境遇の子供を見て来た水谷修さんだからこそ、人の命の重さをよく分かっているのでしょうね。

 

夜回り先生・水口修は癌で手術を受けている。

 

夜回り先生・水口修は癌

 

2013年に夜回り先生・水口修さんは癌で手術を受けています。その事を自身のブログでこう語っています。

 

昨日から入院しました。今日の午後手術となります。今朝、手に点滴がつけられました。何か点滴をつけられると、病人になった気分です。

今日の夕方には、手術も終わり、三日もすれば動くことができるようになります。一週間で退院する予定です。

そういえば、今朝医師にほめられました。精神力が強いですねと。それはそうだと思います。何度も修羅場をくぐっています。日本刀を突きつけられ、拳銃を向けられ、殺すと囲まれ、指をつぶされ・・・。

 

もう少々のことでは、びくともしません。ただ、苦笑いが出るだけです。手術の様子を見たいので、麻酔はなしでとお願いしたら、さすがに、それは無理ですと止められました。

 

いい勉強になると思ったのですが。さて、手術に備えます。

 

水口修さんは合計4回も癌の手術しています。そして現在、ガンは治ったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

夜回り先生・水口修は現在ガンは治ったの?

 

夜回り先生・水口修の癌

 

現在、水口修さんのガンは治ったとされていますが、その情報も定かではありません。しかし、ガンは再発する可能性が高い病気ですから、気は抜けませんね。

 

そもそも、どうして水口修さんはこんなに病気がちになってしまったのでしょうか?それは、水口修さんの高校教員時代にあります。

 

水口修さんは高校教員時代に「夜回り先生」として活動していました。夜中の繁華街にたむろしている子供たちに声をかけ、更生させてきました。

 

昼間はもちろん高校教師として働いていますから、寝る時間がなかったのです。その無理が祟って現在病気がちになってしまったのです。睡眠って大事ですね。

 

 

世直し先生・水口修の経歴は嘘?

 

夜回り先生・水口修は嘘つき?

 

テレビに次第に出るようになり、彼の知名度が高まるにつれ、世の中では胡散臭いなどと言った批判が相次いでいます。

 

彼がメディアなどへの露出をする以前に行っていた地道な活動のうちはまだしも、出版や公演などで偽善っぷりが見えてくるようになったというのが一般的に言われていることのようです。

 

確かに、彼の講演やコメントなどを聞いているとしゃべるのがうますぎてなんか身がないように感じてしまいます・・・

活動の中で講演することは多いのでしょうから当然上手くなるのは当たり前のことなのですが、こういった活動があまりに多すぎて、うわべだけの人みたいな感じで世間では思われてしまっているのでしょうね。

著書や過去の発言などで彼は壮絶な非行少年とのやり取りを語っています。

その中でも特に印象的なのが、『暴力団事務所に乗り込んだ際に小指をつぶされた』と言う話です。

 

水谷さんが見ていた少年が暴力団に入りそうになっているところを事務所に乗り込んで直談判しに行ったのだそう。その際に暴力団の構成員の人に小指をつぶされたんだそうです。

 

この影響で小指が動かなく不便だとも語っていましたが、実際にテレビ出演をしたときには動いていたという意見があり、一時的にネットなどで波紋を広げました。
ここからもしかしたら彼の経歴ややっていることも嘘なんじゃないか?という話が出てきましたが、小指は最近徐々に動くようになってきたという風に数年前に語っていました。

なので、これを根拠に嘘というのはまだ早いでしょうね。

 

しかし、水口修さんの指を見ると特に問題もなさそうに見えるので、疑う気持ちもわかります(笑)

 

そして、水口修さんの癌も嘘だという噂もありますが、それは流石にデマでしょう。

 

夜回り先生・水口修は創価学会員なの?

 

夜回り先生・水口修は創価学会員?

 

水口修さんは過去に

「公明党のように弱い人の心の気持ちの分かる党はない」

と語っていた事から、創価学会員であると言われていましたが、真相は分かりません。

 

水谷修さんは、「政治家の同級生の所属する政党を支持している」とも発言しており、必ずしも創価学会員であるとは言えないようです。

 

仮に創価学会員だったとしても、どんな宗教を信仰していようと本人の自由ですからね。他人が口を出す事でもないでしょう。

 

関連記事

コメント

error: Content is protected !!