天野ひろゆきが株式投資で資産10億円を突破!?手法も公開【衝撃】

桃タロー
桃タロー

キャイーンの天野ひろゆきって、めっちゃ金持ちだって知ってた?

 

キジ
キジ

マジかよ…!

売れっ子芸人だからな。

 

桃タロー
桃タロー

いや、実は芸人としての収入ではなくて、投資で成功したみたいなんだ。

 

キャイーン・天野ひろゆきの資産は10億円超え!?

 

キャイーン・天野ひろゆきの資産は10億円超え!?

 

巷では資産10億円を超えていると噂されている天野ひろゆき。しかし、本人にその事を聞いてみると、「流石にそんなに持っていない!」と“天野ひろゆきの資産10億円超え説”を否定。

 

しかし、投資用のマンションを3棟も保有している事から天野ひろゆきの資産が5億円を超えている事は間違いなさそうです。

 

もちろん、芸人としても中堅どころに位置している天野ひろゆきですから、お笑い芸人としての年収が高いのは間違いありません。

 

天野ひろゆきの推定年収は7000万円!

 

天野ひろゆきの推定年収は7000万円!

 

天野ひろゆきの推定年収7000万円だと言われています。「これなら天野ひろゆきは、普通に仕事で稼いだんじゃないの?」と貴方は思うかもしれません。

 

しかし、仮に7000万円の年収があったとしても、基本的に高収入な芸能人は個人事業主としての扱いである事が多いです。つまり、7000万円稼いでも税金で3500万円取られますし、そこから健康保険料や生活費などが出て行くので、以外と残らないのが実情です。

 

しかも、メンタリストのDaigoが言っていたのですが、「実は皆さんが思っているほど芸能人の収入は高くない」との事で、年収が1億円を超えているのは芸能界でもほんの少しだそうです。バブルの頃はもっと稼いでいたでしょうけど。

 

そう考えると、この「天野ひろゆきの年収7000万円」も現実味が無くなってきます。

 

実際には天野ひろゆきの年収がもっと低いと考えると、余計に天野ひろゆきが仕事で資産5億円を突破したとは考えにくくなってきますね。

 

天野ひろゆきが株式投資を始めたきっかけはリーマンショック

 

天野ひろゆきが株式投資を始めたきっかけはリーマンショック

 

天野ひろゆきが最初に株式投資に興味を持ったのは2008年のリーマンショックの時。アメリカで家を貧困層でも買えるように無茶なローンを組み、支払いが出来なくなった人が余りにも増え、2007年の住宅バブルは崩壊。

 

サブプライム住宅ローン危機を始め、プライムローン、オークション・レート証券、カードローン関連債券など多分野にわたる資産価格の暴落が起こった事でアメリカの大手投資銀行のリーマン・ブラザーズが破綻。

 

そこから連鎖的に多くの投資商品が暴落し「100年に1度の世界恐慌」が起こりました。株の暴落も勿論ですが「有事の円買い」が発動したため、オーストラリアドルなどの外貨を大量に購入して金利を得ていたFXトレーダーも多額の損失を出しました。

 

この100年に一度の大暴落。「これだけ下がったという事は、これからは上がっていくんじゃないか」と思ったのが、天野ひろゆきが株式投資を始めるきっかけだったのです。

 

天野ひろゆきが株式投資で大儲け!

 

天野ひろゆきが株式投資で大儲け!

 

株を始めるタイミングとしては最高だった天野ひろゆき。最初からガンガン儲けていた!と思いきや…?

スポンサーリンク

 

実は、最初は自分の判断ではなく、銀行に勧められた株を買っていた天野ひろゆき。3つの銘柄を買いましたが、結果はどれも損失で終わりました。

 

「なんだよ。全然儲からないじゃん!」とガッカリした天野ひろゆきでしたが、今度は自分がよく知っている業界で、気に入っている企業の株を買う事にしました。

 

結果は大成功。着々と資産を増やしていた天野ひろゆきに追い風が吹きます。そう、アベノミクスです。アベノミクスの三本の矢のうちの「大胆な金融政策」と「機動的な財政政策」は日本の株価を押し上げる要因になり、日経平均は急上昇。

 

天野ひろゆきに追い風!アベノミクスについて詳しく!

 

天野ひろゆきに追い風!アベノミクスについて詳しく!

 

まず「大胆な金融政策」ですが、

・2%のインフレ目標
・無制限の量的緩和
・円高の是正と、そのための円流動化
・日本銀行法改正

 

があります。デフレからインフレになる事で、お金の価値が下がり物の価値が上がります。これにより、富裕層は「現金ではなく、不動産や金などの投資商品でリスクヘッジ」するようになり、不動産関連の会社の銘柄が上がります。

 

また、無制限の金融緩和をする事で円の価値が下がり、円が安くなるので、輸出関連の株の価格が上がります。実は日本のメインの収入源はトヨタなどの輸出系の企業によるもの。

 

トヨタの主な収入源は海外での車の販売。円安になれば、自ずと海外では「トヨタの車はお買い得」になるのでたくさん車が売れます。更に、円安でドル高なので、円安になればなるほど外貨をたくさん得ることが出来ます。なので、程よい円安は「日本に圧倒的に得」なのです。

 

・円高の是正と、そのための円流動化
・日本銀行法改正

 

もトヨタを例に挙げた話と一緒ですね。要は「円高から円安に誘導して、株価を上げよう」という事です。

 

また、『機動的な財政政策』では「大規模な公共投資」がありましたが、これによりインフラ関連の株価が上がりました。自民党はインフラ設備にお金を使う傾向があるので、自民党が勝つと土木関係の社長が儲かります。

 

土木関係のおじさん達が自民党の選挙活動に一生懸命なのは、そういった理由だったんですね(笑)

天野ひろゆきが持っていた銘柄がアベノミクスによって暴騰!

 

天野ひろゆきが持っていた銘柄がアベノミクスによって暴騰!

 

話を天野ひろゆきに戻しましょう。先程説明したアベノミクスによって天野ひろゆきが保有していた株は暴騰。天野ひろゆきも笑いが止まらなかったでしょうね(笑)

 

アベノミクスが終わっても株価は順調に上がり、長期保有を信条とする天野ひろゆきの資産も着々と増えていきました。

 

天野ひろゆきの株の手法

 

天野ひろゆきの株の手法

 

天野ひろゆきの株の手法は至ってシンプル。よく知っている業界や、よく知っていて好きな企業をよく調べて株を買うのです。

 

そして、たくさんの企業の株を保有するのではなく、持つ銘柄は少数で長期保有。これだけです(笑)

 

「こんなので、本当に儲かるの?」と疑いたくなる気持ちも分かりますが、意外にも世界一の投資家ウォーレンバフェットや有名な投資家ピーターリンチもこの手法を採用しています。

 

天野ひろゆきは損切りをしません。また、最初は大きな資金では投資せずに余過剰資金で投資して、仮に持っている株が下がっても気にせず保有。気持ちにゆとりを持って投資する事が何よりも重要になってきます。

 

また、天野ひろゆきはインタビューで

 

株主優待を楽しみにして、個別株を始めるのもいいと思います。カップ麺とか、普段は自分ではあまり買わないんですが、株主優待で新製品が届くんですよ。めっちゃデカい箱で届くんで、なにが入ってるんだ!?ってわくわくします。食べきれない分は実家に送っても喜ばれますし。

 

カツカツで一喜一憂するより、楽しみながらやれるといいですね。投資をマネーゲームと捉えている人もいるかもしれませんが、もっと楽しみながら、余裕を持ってやるのがいいですよ。よく使う化粧品メーカーを応援しよう、みたいな感じで。それで株主優待が送られてきたら、またうれしいじゃないですか。

 

と、株主優待制度を目的に安全に株を買ってお得に暮らす事も推奨しており、ゆるく投資を始めてみる事を進めています。

 

「株は難しい」と思われがちですが、天野さんのように好きな企業を応援する気持ちで株をやってみるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]