ジャイアント馬場のプロ野球選手時代の成績がヤバい【観覧注意】

こんにちは。

今日はプロレスラーのジャイアント馬場について紹介します。今は亡き伝説のプロレスラー・ジャイアント馬場ですが、野球選手だった時代があるのをご存知でしたか?

 

そんなジャイアント馬場の野球選手としての側面をお伝え出来たらと思います。早速行きましょう。

 

スポンサーリンク

ジャイアント馬場のプロフィール

 

ジャイアント馬場の野球選手時代

 

ジャイアント馬場
本名 馬場 正平
身長 209cm
体重 135kg(全盛期)
誕生日 1938年1月23日
死亡日 1999年1月31日(61歳没)
出身地 新潟県三条市
デビュー 1960年9月30日
引退 1998年12月5日

 

ジャイアント馬場の野球選手時代

 

ジャイアント馬場の野球選手時代

 

子供の頃から背が大きかったジャイアント馬場。しかし、ジャイアント馬場の高身長は病気が原因だったって知ってますか?

 

ジャイアント馬場の身長が大きいのは巨人症だからなんです。巨人症とは、成長ホルモンが過剰に出てしまい、異常に身長が高くなってしまうのです。

 

背が高いだけならいいのですが、異常に身長が高くなってしまった結果、心不全などの病気を引き起こす可能性があるので手術を受ける人もいます。実際にジャイアント馬場もプロ野球選手時代に脳下垂体腫瘍の手術を受けています。

 

 

ジャイアント馬場のプロ野球入り

 

ジャイアント馬場のプロ野球入り

 

ジャイアント馬場は子供の頃から身体が大きくて、なんと高校入学時ですでに身長が190㎝を超えていたのです。入学式ではすごい目立ったでしょうね(笑)文字通り頭一つどころか2つ、3つ抜けていたわけですから。

 

三条実業高校の機械科に入学したジャイアント馬場は最初から野球部に入る予定でしたが、ジャイアント馬場の足があまりにも大きすぎて、野球のスパイクがないという理由で最初は美術部に入部したジャイアント馬場(ジャイアント馬場の足の大きさは34センチ)

 

ジャイアント馬場が美術部に在籍していたとは意外でしたね(笑)しかし、その後特注でスパイクを作ってもらったジャイアント馬場はそのまま野球部に入部。

 

高校時代は野球部でピッチャーとして活躍したジャイアント馬場ですが、彼が二年生の時に三条実業高は甲子園の新潟県予選1回戦で長岡高校に敗退してしまいます。

 

しかし、読売ジャイアンツからスカウトされたジャイアント馬場は同年、高校を中退してプロ野球選手となりました。当時はまだドラフト制がなく、スカウトマンが全国の野球大会を視察しているような状況でした。

 

県予選で一回戦敗退の高校生にプロ野球からスカウトされるなんて、今ではあり得ませんよね。しかし、当時のジャイアント馬場にはそれだけ光る物があったのでしょう。

 

昭和29年12月、17歳で巨人と契約したジャイアント馬場は、翌30年の春季キャンプからチームに合流しました。背番号は59。同期入団には森祇晶、国松彰らがいました。

 

「巨人のように大きい高校生が巨人に入団」というダジャレのような事が本当に起こり、当時はとても話題になりました。

スポンサーリンク

 

ジャイアント馬場の野球の成績

 

ジャイアント馬場の野球選手時代の成績

 

巨人には昭和30年から昭和34年まで5シーズン在籍したが、一軍での登板は昭和32年のシーズン中の3試合(先発は1試合)のみで、成績は0勝1敗。打者26人に対して7イニングスを投げ、被安打5、奪三振3、失点1、自責点1、防御率1.29という数字がNPBの公式記録に残っている。

 

馬場にとっての巨人時代のいい思い出は、昭和32年9月、甲子園球場での阪神タイガース戦で“牛若丸”吉田義男(のちの阪神監督)を三塁ゴロに打ち取ったワンシーンだという。2メートル9センチの長身の馬場と167センチ(資料によっては162センチ)の小柄な吉田の対戦は、いまだったら、もっと話題になっていたかもしれない。

 

とあるように、巨人ではあまり成績が振るわなかったジャイアント馬場。その後更なる不運に見舞われます。

 

ジャイアント馬場が怪我により野球選手を引退

 

ジャイアント馬場が野球を引退

 

ジャイアント馬場は昭和34年11月に巨人から戦力外通告されて翌35年の春、テスト生として大洋ホエールズの春季キャンプに参加しましたが、キャンプ地の兵庫県明石市の宿泊先の浴室で転倒し、なんと割れたガラスの破片で右ヒジの内側じん帯を断裂。右手の薬指と小指が動かないという状態になってしまったのです。

 

この怪我によりジャイアント馬場は野球選手としての現役生活を断念しました。ジャイアント馬場が21歳の時でした。

 

ジャイアント馬場が野球選手からプロレスラーになった経緯

 

ジャイアント馬場が野球からプロレスへ

 

怪我によって野球が出来なくなってしまったジャイアント馬場。しかし、スポーツは続けたいという想いはあり、当時住んでいたアパートの近くにあったボクシングジム『不二拳闘ジム』に通い、トレーニングは続けていました。

 

右ヒジの内側じん帯を断裂という重い怪我をしたジャイアント馬場でしたが、その怪我も完治。そしてこれからどうしていこう?と考えた結果、1961年の4月に元々面識があった力道山に日本プロレスへの入門を直訴。

 

力道山からの入門条件はヒンズースクワット100回。それを難なくこなしたジャイアント馬場はその場で即入門が決定。晴れて「プロレスラー・ジャイアント馬場」が誕生したのです。

 

そしてその5カ月後には台東体育館にて田中米太郎とのシングル戦でデビューし、股裂きでギブアップ勝ちしたジャイアント馬場。デビュー戦から好スタートを切ったジャイアント馬場のその後の活躍はご存知の通りです。

 

それから38年後の1999年の1月31日、大腸癌(上行結腸腺癌)の肝転移による肝不全のため61歳で死去したジャイアント馬場。彼は最後まで人に優しく、また人を喜ばせる事が大好きな人だったそうです。

 

ジャイアント馬場が亡くなって20年が経った今でもジャイアント馬場が皆の記憶に残っているのは、彼の人柄も大きな要素だと思います。以上、日本プロレスの一時代を築いたジャイアント馬場の野球選手としての側面でした。

関連記事

コメント

error: Content is protected !!