木下優樹菜の収入は逆の意味でヤバかった。セレブ確定か【タピオカ】

木下優樹菜さんの話題になっています。

 

木下優樹菜が意外とセレブ

 

木下優樹菜さんが、実姉が務めていたタピオカ店の店長を恫喝したとして賠償金1000万円の訴えを起こされていた裁判。木下さんの行為が「脅迫に当たる」と40万円の支払い命令が出た。

 

翌日にはYouTubeチャンネルで涙ながらに

「娘たちのためにも働きたい。働かなきゃいけない。いろんな仕事を考えましたけど、この仕事しかできない。また、一から活動させていただきたい」

と、謝罪した。

「あまり考えずに思っていることを言ってしまう性格。それが視聴者に受けていると自負していた」

と話していたが、事務所を退社した時には500万人以上いたインスタのフォロワーも、今では54万人と10分の1ほど。

《移動中ひまだからひさびさにQ&A》

と謝罪動画後に初めて更新したインスタでファンに呼びかけたが、20時間以上たって

「夕飯なんですか?」

という質問に答えた程度。暇と言いながら“バタバタしちゃいました”と、忙しくなりQ&Aができなかったというのでは、あまりにいい加減すぎる。そんなやりとりを見ていると、彼女が芸能界で再び仕事を始めるのはかなり難しいと思う。

そもそも、事務所退社後に離婚してしまった元夫でお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史との関係修復が先で、彼に納得してもらえないと芸能界復帰は先には進まないだろう。

彼女には数々の“男性問題”の疑惑が浮かんでいた。前事務所も、彼女の行動で一番悩んだ問題がここだった。

《協議を続ける中、信頼関係を維持することが著しく困難であると判断。本人からの申し出を受けたため、専属契約を解除。木下優樹菜は芸能界を引退することになりました》

と前事務所からメディアに報告されたほどだ。彼女には「木下組」と言う大勢のファンがいたことも事実だったが、一番の問題は“天狗”になっていたことだ。ある事務所関係者は

「私たちにまで嘘をつき通した。それじゃ信頼関係が成り立たない。藤本さんを交えての話し合いもしましたが、結果、事務所も辞め離婚になった。自分で蒔いた種と言ってしまえば、そうだけど…」

と、当時は残念がった。

訴訟と言えば、木下さんはもう一つ抱えている。彼女がイメージキャラクターを務めていたフェイスマスクの会社からの3億円もの損害賠償を求められている。

芸能界を引退して1年4か月。すぐ近くに娘たちの面倒を見てくれる元夫がいて、それでも、新しい恋に走っている木下さん。SNSではそこそこ活動できたとしても、芸能界での居場所はないと思うな。

引用元:Yahoo

 

タピオカ店の店長を恐喝したとして裁判にかけられていたという木下優樹菜さんですが、芸人の藤本さんと離婚したあとは、サッカー選手との熱愛が報じられました。

あまりにも自由奔放すぎると世間からのイメージは最悪になりました。

 

しかも、何気に3億円の損害賠償も求められていると…。

 

スポンサーリンク

木下優樹菜の収入は意外と低いかも

 

「木下優樹菜さんほどの有名人ともなれば、YouTubeチャンネルもあるし、簡単に稼げるでしょう。」と私は考えていました。

しかし、木下優樹菜さんのYouTubeの収入を調べてみると、月収72万円でした。

ブログやインスタグラムでの収入もあるでしょうが、メインとなるYouTubeでこれだと、私たちが想像するような芸能人の収入とは程遠いでしょう。

 

もちろん、一般人の感覚からすれば、大金です。

けれども、木下優樹菜さんのような芸能人は贅沢を覚えてしまっているでしょうし、今さら質素な生活なんてできません。お金が出ていくのなんてあっという間です。

 

元夫の藤本さんに養育費を出してもらっているとしても、やはり厳しいでしょう。それに加えて3億円の損害賠償もありますし、木下優樹菜さんはどうしていくつもりなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

と思ってよく調べてみたら、木下優樹菜さんはYouTube開設したてで動画も簡単なものを2本しかあげていません。簡単なものを2本あげただけで月収72万円ですか…。さすが芸能人ですね(笑)

 

意外とあっという間にセレブになるかもしれません。事件前より金持ちになる可能性すらあります。

 

木下優樹菜さんのタピオカ事件についてネットの声

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり好意的な意見はありませんでした。

 

木下優樹菜の収入についてまとめ

 

木下優樹菜さんはこれから立て直していくつもりでしょうから、これ以上とやかく言うつもりはありません。

もちろん、木下優樹菜さんがやったことは決して良い事ではありません。

しかし、人は何度だって立ち上がれますから、頑張って欲しいと思います。あなたはどう思いますか?

それではさようなら。

関連記事

コメント

error: Content is protected !!