杉本彩の離婚理由と回数がヤバい! 妹は松山裕希江?

こんにちは。

今日はタレントの杉本彩さんについて紹介します。何でも、杉本彩さんの離婚理由が話題になっているとの噂を耳にしたので、調べてみました。

早速行きましょう。

 

杉本彩さんのプロフィール

 

杉本 彩(すぎもと あや)
本名 松山 基栄
生年月日 1968年7月19日(50歳)
出身地 京都府京都市東山区
血液型 AB型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 168 cm / 55 kg
BMI 19.5
スリーサイズ 88 – 63 – 88 cm
靴のサイズ 24.5 cm

 

杉本彩の離婚理由がヤバい!

 

 

杉本彩は1992年にミュージシャン、音楽プロデューサーの沼田年則と結婚。しかし2003年に離婚をしておりその離婚原因については2017年5月にイベントで「ラテンの血が爆発した」と語っています。

 

確かに離婚してからは「日本人ラテン化計画」を提唱もしています。しかし、杉本彩は2011年9月にて離婚原因についてブログに原因を一部書いています。

 

京都から母を引き取り20代の当初の7年間は杉本彩、母親、元旦那の三人で暮らしていたものの母親が元旦那に対して暴言を言い回りそれを知った元旦那が傷ついたことが離婚原因の1つでもあると明かしています。

 

ラテンの血については冗談めかして折母親の元旦那に対する暴言が1番の離婚原因のように思われます。

また、杉本彩は2017年7月には当時大きな話題となっていた松居一代と船越英一郎の離婚騒動について聞かれた所「離婚は人生を方向転換すること」「凄くエネルギーが要る」と語っています。

 

 

離婚理由が「ラテンの血が爆発した」との事で、勢いで結婚しちゃって勢いで離婚しちゃったのかな?と思っていましたが、杉本彩さんの母親が原因の一つみたいですね。

 

もっと詳しく見ていきましょう。

 

1992年にミュージシャン兼音楽プロデューサーの沼田年則と結婚した杉本彩。元旦那とは4年の同棲を経てのゴールインだったようです。

 

↑沼田年則さん

 

しかし結婚してから11年後の2003年7月24日に元旦那と離婚した杉本彩。その離婚原因の一つは元旦那と夜の生活が合わずセック○レスであったことなんだとか。セック○レスによる離婚は日本の法律にも根拠を持つ、立派な離婚要因です。

 

これが「ラテンの血が爆発した」という、本当の意味なんでしょうか?

スポンサーリンク

 

元旦那との離婚の原因は1つではありませんでした。杉本彩は結婚している間の7年、母親と元旦那の3人で暮らしていたそうです。しかし母親は杉本彩の旦那であった沼田年則の悪口を言い、元旦那が深く傷ついてしまったんだとか。元旦那はこれに耐えられなかったことも離婚の原因だと杉本彩は語っています。

 

 

 

どうやら杉本彩さんの母親がトラブルメーカーみたいですね。

 

桃タロー
桃タロー

杉本彩からしたら、母親は邪魔な存在なのかもな。

キジ
キジ

今、杉本彩は母親と絶縁状態らしい。

 

 

杉本彩の離婚回数は?

 

 

杉本彩さんの離婚回数は1回です。音楽プロデューサーの沼田年則とは離婚してしまいましたが、現在の旦那である西野禎秀さんと結婚して現在はとても上手く行ってるようです。

 

 

ラブラブ具合も度々話題になり、とても幸せそうです。

 

 

 

杉本彩さんの妹は松山裕希江?

 

杉本彩さんには妹がいます。名前は松山裕希江さんといってアンデスティノ un-destino.com という化粧品ブランドの会社の代表取締役をやっています。

 

↑松山裕希江さん

 

松山裕希江さんは杉本彩さんと一緒に会社を大きくしていき、二人三脚で頑張ってきました。しかし、現在は杉本彩さんは完全に会社から退いたようです。

関連記事

コメント

  1. […] 杉本彩の離婚理由と回数がヤバい! 妹は松山裕希江? […]